2012年01月12日

韓国ドラマ同伊(トンイ)第60話あらすじ

すべての者のために子供までも差し出すトンイを止められなかった粛宗。

そしてトンイは宮廷を去りイヒョン宮で暮らしながら、無力の賤人たちのために動き出すのだった。

それから1年後、無罪で捕われた父を救ってくれとヨリという娘がトンイを頼ってきた。

そしてトンイはヨリの父の濡れ衣を晴らすために、ソ・ヨンギやチョンスたちと一緒に捜査を始める。

捜査を進めていくうち、この殺人事件の裏には、宮内の両班と官僚の裏金工作が隠されていることを突き止める…

最後は粛宗の計らいによって官僚たちの悪行を暴き、ヨリの父も釈放されるのだった。

トンイが宮廷を出て賤人たちのために尽くす姿を見たヨニン君は立派な王になると誓うのだった。

そして時は過ぎ、ヨニン君が英祖となり王位を継ぐときが来た。

今はもうこの世にいないトンイだったが、トンイの教えは英祖にしっかり受け継がれていたのだった。

1時間でハングルが読めるようになる本
posted by ハンコック★ at 12:00| Comment(0) | 第56話〜第60話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。