2011年12月11日

韓国ドラマ同伊(トンイ)第55話あらすじ

葛藤の末、禧嬪の毒殺を命じた粛宗。

そんな粛宗に自分の死に際を見てくれと最後に願い出る禧嬪。

そして禧嬪は最後に世子を守ってくれとトンイに頼み、この世を去った。母の処刑に悲しみ苦しむ世子は自暴自棄になり食事すら口にしない。

そして禧嬪がいなくなった以上、粛宗はトンイを中殿に座に就け、ヨニン君を世子にするつもりだと思った世子は、かわいがっていたヨニン君を遠ざける…

粛宗はトンイを中殿にと考えていたが、少論たちの反発にあう。

それに何よりもトンイが中殿になることを望んでいなかった。

そして新しい中殿イヌォンを宮廷に迎えることになる。だがこのイヌォンは、粛宗に寵愛されているトンイがヨニン君を世子にさせようと企んでいるという噂を信じ警戒していた。

そしてヨニン君を宮廷から追い出すために、ヨニン君の婚礼を持ちかけるのだった。


1時間でハングルが読めるようになる本
posted by ハンコック★ at 16:00| Comment(0) | 第51話〜第55話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。