2011年12月10日

韓国ドラマ同伊(トンイ)第48話あらすじ

ヨニン君の秀でた才能に見合った教育をするために世子が通う侍講院にヨニン君も通わせろという中殿の助言で、粛宗はヨニン君を侍講院に通わせる命を下そうとする。

だがトンイに反対されてしまう。

これは世子の座を揺るがすことで禧嬪たちの反感を買い、ヨニン君は危険にさらされるからだった。

その代わり雲鶴を説得してヨニン君の師に迎えることを許可してくれと頼むトンイ…

ヨニン君の才能と心に触れた雲鶴はすでにヨニン君の師になろうと決めていたこうして侍講院へ通わせる問題は収まったが、世子の病をしっている中殿は、その事実の物証を手にして、明らかにすることで国本を正そうとしていた。

そしてトンイにヨニン君を王にする覚悟を決めろと継げる。

世子に世継ぎが授からない病を患っていると中殿に告げた内委女をヒジェが追っていたことで、証拠を握った中殿は禧嬪を訪ね、世子の病を自ら殿下に告げ、殿下の判断に従えと申し出た。

中殿が禧嬪を訪ねたことを知ったトンイが中殿に会いに来てみると、中殿は部屋で倒れていた。


【図解】30分で英語が話せる
posted by ハンコック★ at 14:00| Comment(0) | 第46話〜第50話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。