2011年12月08日

韓国ドラマ同伊(トンイ)第42話あらすじ

大司憲が残した手信号がオ・テソクを示していて、その陰謀に禧嬪も関与している事を確かめるために、トンイは禧嬪を訪ねる。

そして幼い頃に見た同じ手信号をしていた宮女が禧嬪ということを鍵牌で確かめるのだった。

そして罠を張り、その物証を握るのだった。

だがその頃、トンイと剣契の関係を疑っていたチャン・ムヨルは、トンイが剣契の元首長の娘だと感づいていた…

そして禧嬪の指示によってオ・テソクを殺し、それを剣契の仕業に見せようと企む。

その計画にまんまとだまされたケドォラたち。

その現場から何とか逃げ出したケドォラはソリの店に逃げ込んだ。

そのことをトンイに知らせたソリ。

そしてケドォラを救うためソ・ヨンギとチョンスを捜すが連絡が取れなかったトンイは、自ら宮廷を出てソリの店へ向かい、負傷したケドォラを王室の舟で逃がそうとする。

だがそこに粛宗が現れたのだった。


【図解】30分で英語が話せる
posted by ハンコック★ at 15:00| Comment(0) | 第41話〜第45話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。