2011年12月07日

韓国ドラマ同伊(トンイ)第38話あらすじ

禧嬪が廃位され前中殿のイニョンの復位が決まった。

しかし世子の母である禧嬪を宮廷から追い出すことはできなかった粛宗は心を痛めていた。

そんな粛宗の気持ちを察したトンイは、正しい決断だったと慰めるのだった。

そしてまた中殿として宮廷に戻ったイニョンは、自分の復位のために動いてくれたトンイを今度は自分が守ってやろうと決意する。

そんなある日、粛宗はトンイが食べたいと言う、食糧配給場所のお粥を求めて、トンイと活人署に行くのだが、そこで何日も飢えをしのいでいる民の実態を見る。

そして自分が成すべきことを再確認するのだった…

そしてトンイを側室として迎える任命式が行われることになった。

その式の当日、トンイが粛宗の子を身ごもったことがわかった。

王子を授かり、側室の淑媛になったトンイ。

粛宗と共にトンイを慕うすべての者は喜びの絶頂であった。


韓国コスメ名鑑
posted by ハンコック★ at 20:00| Comment(1) | 第36話〜第40話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
韓国ドラマ トンイの人気の理由とは?
韓国ドラマ、トンイ第38話の気になる話…
Posted by ハンリュウ★ at 2011年12月12日 21:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。