2011年12月06日

韓国ドラマ同伊(トンイ)第30話あらすじ

粛宗たちの罠に引っかかったヒジェは内禁衛に捕われ、尋問を受けるがなかなか自白しようとしない。

ヒジェが捕われたと知った禧嬪は粛宗を訪ね、兄のヒジェは無実だと訴えるがトンイの証言だけを信じていた粛宗は、今からでも罪を認めるのなら禧嬪を許すと言うのだった。

しかし禧嬪は最後まで自分とヒジェは無実だと言い張るのだった。

粛宗の心が完全に自分を離れトンイにあることを悟った禧嬪は、自分を殺害しようとした容疑で捕らえていた、監察府のチョン尚宮たちを解放する…

その理由を察せなかった粛宗。

そして禧嬪を支持する重臣たちが集まり、粛宗にトンイの証言は信用性がないので調査が必要だと、トンイを差し出すよう申し出る。

チョン尚宮たちを急に解放したのは、トンイを調査するための名分を作るためだったのだ。

そのことを知り宮廷に行かせてくれと願い出るトンイを守るために粛宗はトンイを承恩尚宮にする命を下すのだった。


韓国ドラマ・ガイド トンイ 前編 (教養・文化シリーズ)
posted by ハンコック★ at 23:00| Comment(0) | 第26話〜第30話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。